ICEF2024 プログラム

プラネタリーバウンダリーを
グリーンイノベーションでより良く生きる

プラネタリーバウンダリーを
グリーンイノベーションでより良く生きる

10月9日(水)

開会式

9:30 - 10:00

開会式

田中伸男ICEF運営委員長のご挨拶

Back to list

キーノート

9:30 - 10:00

キーノート

スピーカー
ヨハン・F・ロックストローム

ヨハン・F・ロックストローム

ポツダム気候影響研究所所長
ポツダム大学地球システム科学教授
ストックホルム大学教授(水資源と地球の持続可能性)

Back to list

プレナリーセッション 1

10:05 - 11:35

プラネタリー・バウンダリーとエネルギー・トランジション

地球環境の変化は著しく、世界の平均気温は年々上昇し、2023年には観測史上最高を記録しました。ストックホルム・レジリエンス・センターによって確立された地球の限界という概念では、9つの限界が提示されています。これらの限界は、地球のシステムの安定性と復元力を制限するもので、私たちの普段の生活様式を脅かすような大規模な環境変化を引き起こす可能性を示しています。2023年時点で、これら9つの限界のうち6つが境界を越えていると認識されています。
有限である地球というシステムにおける持続可能性が何を意味するのかを理解するために、今まさに行動を起こすことが急務です。複雑で多様な全世界のサプライチェーンセクターにより引き起こされるであろう影響、および地球規模での天然資源の枯渇をもたらす分野間の相互作用の解明が必要であります。材料とエネルギーの流れは、組織、行政、地理的な境界を越えると推測され、それによって環境問題の転換、有害な慣行の伝播、ガバナンスの問題、場合によっては国境を越えた紛争を引き起こす可能性があります。
このセッションの目的は、地球の限界に関する最新の情報を踏まえた上で、地球の現状を評価し、現存する課題を特定し、持続可能な未来を構築するために必要な政策と革新について議論します。

モデレーター
Changhua Wu

サリー・M・ベンソン

ICEF 運営委員
ホワイトハウス科学技術政策局
副所長・最高戦略責任者
スタンフォード大学教授(エネルギー理工学)

Changhua Wu

田中 伸男

ICEF 運営委員長
元国際エネルギー機関(IEA)事務局長
タナカグローバル株式会社 代表

Changhua Wu

ホーセン・リー

ICEF 運営委員
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)
元議長

スピーカー
ヨハン・F・ロックストローム

ヨハン・F・ロックストローム

ポツダム気候影響研究所所長
ポツダム大学地球システム科学教授
ストックホルム大学教授(水資源と地球の持続可能性)

川本 徹

川本 徹

産業技術総合研究所 首席研究員

石井 菜穂子

石井 菜穂子

東京大学グローバル・コモンズ担当総長特使
グローバル・コモンズ・センター ダイレクター
未来ビジョン研究センター 特任教授

Back to list

スペシャルセッション

13:45 - 14:45

ネットゼロ・循環型社会に関する特別対話

最先端の技術、政策、国際協力など、さまざまな視点からグローバルなグリーン・イノベーション(世界的な環境問題に対する持続可能な変革)への道筋が共有されています。多くの国や企業が脱炭素化の目標を宣言し、よりグリーンな社会への移行の実現のために尽力しています。これらの目標を達成するためには、実際に脱炭素化が進んでいるかどうかを検証し、現存する困難な点を明らかにすることが不可欠です。
環境規制の強化や資源・エネルギー面での安全保障という世界的な潮流のために、政府や企業は自らの生産活動だけでなく、サプライチェーンやバリューチェーンを通じた製品のライフサイクル全体の管理まで強化する必要があります。資源利用による環境への影響を最小限に抑えるためには、廃棄物の発生を最小限に抑えつつ、できるだけ長期にわたり製品・素材・資源を節約し温存する経済システムへの転換が重要です。
このセッションの目的は、循環型経済、または無駄の少ない経済、サプライチェーンおよびバリューチェーンに着目し、グリーンな社会への移行の現実的理解を深めることです。

スピーカー
バーツラフ・シュミル

バーツラフ・シュミル

ICEF 運営委員
マニトバ大学 特別名誉教授

田中 伸男

田中 伸男

ICEF 運営委員長
元国際エネルギー機関(IEA)事務局長
タナカグローバル株式会社 代表

イスマイル・セラゲルディン

イスマイル・セラゲルディン

ICEF 運営委員
ニザーミー・ギャンジャヴィー国際センター
評議会議長
アレキサンドリア図書館 創立名誉館長
元世界銀行副総裁

坂野 晶

坂野 晶

ICEF 運営委員
一般社団法人ゼロ・ウェイスト・ジャパン
代表理事
一般社団法人Green innovation 共同代表
株式会社ecommit 取締役CSO
(Chief Sustainability Officer)

Back to list

テクノロジーセッション 1

15:00 - 16:00

二酸化炭素除去(CDR)と太陽放射管理(SRM)

カーボンニュートラルを達成するために、脱炭素技術の開発と導入が重要度を増しています。
カーボンニュートラルのための有効な技術として、様々な国において二酸化炭素除去(CDR)への投資が行われており、地質学者は太陽放射管理(SRM)の採用実現性を検討しています。CDRには、植林・再植林、土壌炭素貯留、バイオマス炭化、BECCS(バイオマスエネルギー利用時に排出される二酸化炭素の回収・貯留)、DACCS(大気中の二酸化炭素の直接回収・貯留)、耐候促進、バイオ炭施用による炭素貯留、海藻・海草による炭素固定化など、さまざまな技術があります。また、成層圏へのエアロゾル噴射による太陽放射管理など、SRMの手法・技術の模索も進んでおり、研究者がその有効性の検証を進める一方で、スタートアップ企業も誕生しつつあります。一方で、技術によっては生物多様性との利益相反の可能性があり、導入コストなどの問題から普及が進んでいないという側面もあります。
本セッションでは、CDRとSRMを中心とした現在の地球工学技術の展望、導入促進のための解決策、国際的な枠組みについて議論します。

モデレーター
Changhua Wu

ネボイシァ・
ナキチェノヴィッチ

ICEF 運営委員
欧州委員会主要科学アドバイザーグループ(GCSA)バイスチェア
国際応用システム分析研究所(IIASA)
名誉研究員
ウィーン工科大学 エネルギー経済 名誉教授

Changhua Wu

黒田 玲子

ICEF 運営委員
中部大学先端研究センター 特任教授
東京大学 名誉教授
G7 GEAC
(男女共同参画諮問委員会)2023 委員

スピーカー
山田 秀尚

山田 秀尚

金沢大学教授

ホーリー・J・バック

ホーリー・J・バック

バッファロー大学准教授

Back to list

テクノロジーセッション 2

16:15 - 17:15

水素の本格的な利活用への備え

世界の多くの国々は、2035年または2040年までに二酸化炭素を排出しない社会システムを目指しています。このような状況において、低炭素水素には、重工業、大型輸送、電力など多くの分野の脱炭素化において重要な役割を果たす可能性があります。そのためには、パイプライン、発電所、水素貯蔵施設など、大規模なインフラが必要となります。ドイツをはじめとするいくつかの国では、天然ガス火力発電所が政府からの助成金の対象となる「水素対応可」であるか否かについての議論が進められており、明確な定義を求められています。さらに視野を広げると、世界中の国々が、既存のインフラを低炭素水素の使用に移行させる方法と、産業の規模拡大に合わせてどのような技術が必要となるかを検討しています。現在、インフラを水素対応に移行させるための技術革新プロジェクトが世界中で進行中です。例えば、日本企業と米国企業、フランス企業は高圧水素輸送用パイプライン技術の開発に着手しました。さらにインド政府は、鉄鋼、長距離大型商用車、海運、エネルギー貯蔵などの分野で、化石燃料や化石由来の原料をグリーン水素に置き換える試験運用プロジェクトを支援しています。
本セッションでは、ネット・ゼロ社会の実現に向けた低炭素水素の可能性と、水素の本格的な利活用に向けた課題について議論します。

モデレーター
Changhua Wu

デービッド・サンダロー

ICEF 運営委員
元米国エネルギー省(DOE)次官代行
コロンビア大学世界エネルギー政策センター 創立フェロー
コロンビア大学国際関係公共政策大学院
エネルギー・環境部門 共同ディレクター

Changhua Wu

ゲオルク・エアトマン

ICEF 運営委員
ベルリン工科大学 エネルギーシステム
退官教授
KSB Energie AG 理事長

スピーカー
貞森 恵祐

貞森 恵祐

国際エネルギー機関(IEA)エネルギー市場・安全保障局長

Back to list

テクノロジーセッション 3

17:30 - 18:30

食料・農業分野の気候変動対策

COP28では、初めてフードシステムと気候変動の相互作用に焦点を当てた首脳級宣言(COP28 UAE Food Declaration)が発表されました。この宣言は、食料・農林水産セクターにおける持続可能な開発と気候変動対応の強化を目的とし、持続可能な生産性の向上を目指した革新の推進を提唱するとともに、それを実現するために必要な持続可能な消費と生産への転換を推進するものです。159カ国がこの宣言に賛同し、気候変動に配慮した食料安全保障への支援を確約しました。
世界食糧計画(WFP)のもと、国連は42カ国で干ばつ、洪水、暴風雨などの気候変動問題に対する支援を行っています。しかし、2022年だけでも、5,700万人近くが気候の影響により飢餓状態に陥っており、世界的な保護と支援の必要性が明らかになっています。
食料・農林水産セクターは、しばしば二酸化炭素の吸収源と考えられています。逆に、温室効果ガスの大きな排出源でもあります。多くの国や民間企業が、これらの排出を削減・抑制するための解決策を見出す活動を急速に促進していますさらに、最近の農作物価格の高騰は、世界の食料安全保障に対する懸念を高めています。
本セッションでは、食料・農林水産セクターにおけるフードシステムの現状と課題について議論し、これらの問題を緩和するための方策、適切な食料安全保障のための戦略、そしてこのセクターにおける持続可能な開発と気候変動対応のための急速な転換に向けた経済効率化について審議します。

モデレーター
Changhua Wu

アドナン・Z・アミン

ICEF 運営委員
ハーバード大学ケネディースクール
科学・国際関係ベルファーセンター
シニアフェロー
国際再生可能エネルギー機関(IRENA)
名誉事務局長
COP28 議長上級顧問

Changhua Wu

バリー・ムーサ

ICEF 運営委員
大統領気候変動調整委員会 副議長
元国際自然保護連合(IUCN)会長

スピーカー
ジョコ・トリ・ルビヤント

ジョコ・トリ・ルビヤント

ワールドフードフォーラム、アジア太平洋地域青年政策委員
ライズファウンデーションインドネシア、食料プロジェクトコンサルタント

Back to list

10月10日(木)

プレナリーセッション 2

9:00 - 10:30

気候変動分野における革新的なファイナンス

脱炭素社会という構想は世界的な悲願であり、その実現には多額の資金が必要となり、金融が重要な役割を果たします。エネルギー産業に対する持続的な財政支援と、現在温室効果ガス排出量の約3分の2を占める新興国市場および発展途上国における気候変動緩和のための資金調達は不可欠です。公的資金だけでなく、民間セクターの投資を刺激する革新的な資金調達の手法が必要です。
この変革に必要な投資規模は、約2~5.7兆米ドルと想定されています。新たな革新を導入したとしても、必要額を達成することは非常に難しく、新興国市場や発展途上国においても、さらなる過大な債務を背負わされることになれば、限られた予算から必要な資金を捻出することは困難です。したがって、適切な緩和などによって気候変動の課題に対応し、脱炭素化を実施する上でグローバル・サウスに利益をもたらす政策やプロジェクトの分散運用に資金を提供するためには、新たな取り組み方による気候融資の仕組みが必要です。
金融機関においては、気候変動への対応に加え、生物多様性の保全や生態系の保護といった自然資本の問題への取り組みでも成果をあげています。生物多様性がもたらす財務リスクと機会について認識し、報告するガバナンス構造とプロセスを確立することが不可欠です。
本セッションでは、財務戦略や資金と革新の関連性など、新興国市場、グリーン・イノベーション、および脱炭素化に向けた革新的な資金調達手法について検討します。また、生物多様性がもたらす金融リスクと機会についても精査します。

モデレーター
イスマイル・セラゲルディン

イスマイル・セラゲルディン

ICEF 運営委員
ニザーミー・ギャンジャヴィー国際センター
評議会 議長
アレキサンドリア図書館 創立名誉館長
元世界銀行副総裁

ウー・チャンホワ

ウー・チャンホワ

ICEF 運営委員
ジェレミー・リフキンオフィス
中国・アジアディレクター
アジア・太平洋水フォーラム執行審議会 議長

ジョン・D・ムーア

ジョン・D・ムーア

ICEF 運営委員
ブルームバーグNEF CEO

スピーカー
アミール・A・ドサル

アミール・A・ドサル

グローバル・パートナーシップ・フォーラム社長兼代表取締役
ブロードバンド・コミッション・フォーサステナブル・デベロップメント、設立コミッショナー
世界経済フォーラム 健康とヘルスケアセンター 元特別研究員

小西 哲之

小西 哲之

京都フュージョニアリング株式会社代表取締役社長
京都大学名誉教授
フュージョンエネルギー産業協議会会長

Back to list

スペシャルセッション

10:45 - 11:45

ICEF ロードマッププロジェクト「人工知能(AI)と気候変動緩和 第2版」

ICEF2023ロードマップ「人工知能(AI)と気候変動緩和」は、世界中の政府、メディア、専門家から大きな関心を集めました。2024年においても人工知能は引き続き注目度の高い話題です。
ICEF2024ロードマップは、2023ロードマップのバージョン2.0であり、航空、建物、二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUS)、原子力など、昨年取り上げられなかった新しい話題を盛り込んでいます。また、温室効果ガス排出モニタリング、電力セクター、製造業、材料イノベーション、フードシステム、道路輸送など、昨年取り上げた話題も更新されます。
このセッションでは、「人工知能(AI)と気候変動緩和ロードマップ2.0」の共著者がロードマップの草案を発表し、今後数年間の脱炭素化のためのAI活用に関する重要な問題を検討します。

モデレーター
デービッド・サンダロー

デービッド・サンダロー

ICEF 運営委員
元米国エネルギー省(DOE)次官代行
コロンビア大学世界エネルギー政策センター 創立フェロー
コロンビア大学国際関係公共政策大学院
エネルギー・環境部門 共同ディレクター

Back to list

テクノロジーセッション 4

13:00 - 14:00

原子力エネルギーの未来

近年、各国が野心的な温室効果ガス排出削減目標を掲げる中、ゼロエミッションのベースロード電源として原子力発電に注目が集まっています。加えて2021年以降、世界的に化石燃料価格が高騰する中、原子力発電のエネルギー安全保障への貢献も再認識されつつあります。
今後、原子力発電の拡大が予想される中、各国はいわゆる「先進的原子炉」への投資を進めています。さらに、水素製造や熱利用など、発電以外の用途に原子力を活用することへの関心も高まっています。一方で、原子力を大規模に展開するためには、従来型の原子炉にはない規制要件や放射性廃棄物対策などを整備することが重要です。
本セッションでは、先進的原子炉の商業化や様々な活用に向けた企業の取り組みや、それらの展開に伴う課題について議論します。

モデレーター
エイヤ-リイタ・コーホラ

エイヤ-リイタ・コーホラ

ICEF 運営委員
欧州経済社会評議会 CCMI代表

山地 憲治

山地 憲治

ICEF 運営委員
公益財団法人地球環境産業技術研究機構(RITE)理事長
東京大学 名誉教授

田中 伸男

田中 伸男

ICEF 運営委員長
元国際エネルギー機関(IEA)事務局長
タナカグローバル株式会社 代表

スピーカー
岩田 夏弥

岩田 夏弥

大阪大学レーザー科学研究所 教授

ジェフ・ワックスマン

ジェフ・ワックスマン

米国国防総省プログラム・マネージャー

ファン・ジュホ

ファン・ジュホ

韓国水力原子力発電(KHNP)CEO

ダイアン・M・J・キャメロン

ダイアン・M・J・キャメロン

OECD原子力機関 原子力技術開発・経済部 部長

関口 美奈

関口 美奈

リゾナンシア合同会社代表
五洋建設株式会社社外取締役
日本原子力研究開発機構監事

Back to list

テクノロジーセッション 5

14:15 - 15:15

持続可能な海上輸送

国際海運セクターからの二酸化炭素排出量は、2018年時点で全世界排出量の2%以上を占めていました。世界経済の成長により、海上輸送の需要は増加することが推定されています。そのため、海上輸送における排出量削減のための対策を講じる必要があります。
海運セクターの脱炭素化は、内航海運と外航海運においてそれぞれ進められています。内航海運については各国が対策を講じていますが、外航海運については、国際航空セクターと同様、国際海事機関(IMO)が統合的協定を担っています。持続可能な海上輸送は、持続可能な燃料使用を推進し、革新的な技術を開発し、エネルギー効率の高い運航を促進することを目的としています。
これらの問題に取り組む専門家から、最新の持続可能な海洋技術や政策について説明を受け、持続可能な海上輸送を実現するために推進すべき開発、政策、投資について議論します。また、現在の海上輸送の主要燃料である重油(HFO)の使用禁止が地球温暖化に与える悪影響についても議論します。

モデレーター
ゲオルク・エアトマン

ゲオルク・エアトマン

ICEF 運営委員
ベルリン工科大学 エネルギーシステム
退官教授
KSB Energie AG 理事長

ヴィクラム・S・メータ

ヴィクラム・S・メータ

ICEF 運営委員
センター・フォー・ソーシャル・アンド・
エコノミック・プログレス(CSEP)研究財団 会長

スピーカー
六呂田 高広

六呂田 高広

日本郵船株式会社 次世代燃料ビジネスグループ グループ長

シューリン・チェン

シューリン・チェン

タスマニア大学 オーストラリア海事カレッジ 海事物流管理センター センター長
タスマニア大学 オーストラリア海事カレッジ(AMC)准教授

セルマ・ブリノルフ

セルマ・ブリノルフ

チャルマース工科大学研究員

Back to list

スペシャルセッション

15:30 - 16:30

気候変動×若きイノベーター

2050年にカーボンニュートラルを達成するためには、世代を超えた人材の知恵、専門知識、経験、資質を結集し、迅速な移行を主導し推進することが不可欠です。Z世代は世界人口の26%、約20億人に上ります。資産運用会社Amundi社とBusiness Times誌の調査によると、Z世代の82%、ミレニアル世代の若手投資家の約3分の2が、環境・社会・ガバナンス(ESG)投資に何らかの形で関わっています。こうした将来の変革の担い手となる若いイノベーターとの協働促進の一環として、ICEFでは若いイノベーターとの対話セッションを開催します。
このセッションでは、世界中の活力に満ち溢れたな若手・中堅のイノベーターたちが一堂に会し、クリーンエネルギー革命と革新の推進に重要な役割を果たしてきたICEF運営委員会のメンバーとの対話に参加します。この対話では、技術から政策改革まで、また、食料、水、エネルギー、気候変動の関係を読み解くことから、クリーンエネルギー革命と国連2030アジェンダにおける17の持続可能な開発目標との社会経済的相乗効果に至るまで、幅広い科学分野における若い世代の専門家が主導する革新の多様性、豊かさ、深さ、影響力に焦点を当てます。

モデレーター
バリー・ムーサ

バリー・ムーサ

ICEF 運営委員
大統領気候変動調整委員会 副議長
元国際自然保護連合(IUCN)会長

坂野 晶

坂野 晶

ICEF 運営委員
一般社団法人ゼロ・ウェイスト・ジャパン
代表理事
一般社団法人Green innovation 共同代表
株式会社ecommit 取締役CSO
(Chief Sustainability Officer)

Back to list

閉会式

16:45 - 18:15

閉会式

ICEF運営委員によるICEF2024の総括とICEF2025へ向けてのコメント

デービッド・サンダローICEF運営委員のロードマップ紹介

山地憲治ICEF運営委員のステートメント発表

田中伸男ICEF運営委員長の総括

斎藤保 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)理事長の閉会挨拶

Back to list

TOP